私たち家族は最近、三回目となる引越し

私たち家族は最近、三回目となる引越しをしました。
引越しの作業は毎回大変なのですが、慣れてしまいました。
荷造り、荷ほどき、ほとんど私がすることです。夫は毎回家電、家具など大きいものを掃除したり、片付けを行ってくれます。
ただ、今回は洗濯機の水を抜くということを失念してしまったので、新居の洗面所が水びたしになりました。
引っ越し業者の選択は難しいものです。
初めての引っ越しとあれば、ますます不安になるでしょう。
私が初めての引っ越しを経験した時は引っ越しのサカイさんに依頼しました。
いろいろと調べたのですが、料金とサービス内容が一番良かったので選びました。引っ越しの当日に対応してくれた配送員の人がとっても親切で優しかったので、その時の安心した気持ちがずっと残っています。これ以来サカイさんのファンで、引っ越しの時にはいつもお世話になっています。
やはり信頼できると思います。
これからも、引っ越しの時にはサカイさんにお願いしたいと思っています。転居の際の掃除は大変です。
まず、家の中のものを運び出してから、家中を綺麗にするのはもちろんですが、前もって、少しずつ始めていくのが最終的に楽になります。
要領よくするには、荷物をまとめるより先に、掃除をやってしまうことです。
そうすると、最後の仕上げにさっと軽くきれいにするだけになります。この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、そのときの対応が今でも気になっています。
当然のように、液晶テレビの運搬では特別な保険が必要だと言われたのです。問題になったのは40型の液晶テレビで、買ったときに30万円以上した場合、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。
テレビのためだけに約1500円の保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのか他の方のお話を聞きたいです。人や家により、引っ越し作業の規模は違ってきます。
例えば全部の作業を業者に任せることもできますが、これを選ぶと、とても楽できますが、当然、その分だけ費用がかさむことになるでしょう。
単身での引っ越しなら、そうしたニーズにあった単身向けのサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。
適正なコースの選択だけで、引っ越し費用はかなり抑えることができますし、その分は、何かと物入りな新生活のために使うことができます。日々心配なく、安全に暮らせる環境とは住居内で終わるわけではありません。
近所との人間関係も、良好な住環境を作る要素だと思ってください。よりよい関係づくりの手始めとして、引っ越し時の挨拶は欠かさず行ってください。
必ず、何か手土産を持って挨拶に伺いましょう。簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、良い印象が伝わるようにしましょう。
どんな人間関係も、第一印象で決まります。
愚かなことをしてしまいました。一人暮らしのために、誰からの助けも借りずに一人の力だけで引っ越しをしたのです。きっとやれるだろうと思っていたのです。
ですが、結果としてとても大事な家具に傷が付いてしまったのです。
廊下の角を曲がる時、当ててキズを作ってしまいました。たいへん悔やんでいます。
同じ町内など、引っ越し先が近い場合は引っ越し業者を利用しなくても、なんとかなります。
方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけ転居先に運びこみましょう。
少量ずつであっても、何日もかけますからたくさんの荷物を運ぶことができます。
自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。
これで全ての荷物の運搬を済ませてしまいます。
こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出を大幅にコストカットできるはずです。引越しをするにいたっては、引越し業者に頼むのが、一般的だと思われます。
その場合に、ジュースなどの差し入れをする場合もあると思いますが、チップなどは必要ありません。海外へ行くとチップは常識ですが、国内でしたら、特に気にすることもないでしょう。一番大変な引越しの準備の作業はダンボールに家中の物を詰めていく作業であります。
日々の生活の中ではなかなか何も感じないですが、荷物の箱詰めを始めるとこんなに家中に物があったんだとビックリします。でも、引越し準備と併せて片付けをすることが出来る絶好の機会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です